京急新1000形製作記

京浜急行の新1000形2次車をモデルとした製品です
8両編成のキットを入手しましたので
羽田空港ラッピング列車として製作します
豪華金箱!

別途購入品
  • MP関連動力一式(エンドウ)
  • TH2100 (カツミ)
  • MPギア・モーターなどダンパが付いていない物です
  • 波打車輪 (カツミ)
  • 密連形TNグレー (TOMIX)
  • 輪心が黒色の物です密連
  • PT7117Aパンタ(カツミ)
  • 乗務員扉下ステップ狭幅 (エンドウ)
  • 1編成で4基ステップ
  • 羽田空港ラッピング
  • インテリア


    それでは早速製作に取り掛かりましょう

    まずは一通り中身を確認し部品の不足がないかチェックしておきましょう (これは基本ですね(^^;)
    この時 説明書にあるパーツリストを見ながらやると分かりやすいです

    まずドア類から付けていきます
    靴摺りが一体になっているので隙間が出ないようにすれば
    位置合わせはさほど難しくありません
      

    8連で総数48枚の客ドアと4枚の乗務員室ドアを付けなければなりません
    手を抜かずしっかり固定していきましょう
     

    次に前面・妻板を付けていきます
    隅を仮止めしてから本流しをし接合線を消します
     

    前面・妻板ともそれぞれ屋根高さより若干出ますので
    ツライチにならないよう注意が必要です
      

    前面のエッチングパーツを根気よく現物合わせをして組み上げれば
    一先ず車体の大まかな部分の完成です
     

    続いて屋上にランボードをハンダ付けします
    専用の治具が入っていますので至って簡単です
    Tp車だけはそれぞれの配置に注意しましょう
     

    屋上配管も専用の配管支えが入っていますので
    ヒューズ箱などと一緒に所定の位置に付け真鍮線を這わせれば完了です
      

    組立が終わったら車体を洗浄し
    プライマー処理の後に下地塗装に入ります
     

    今回の羽田ラッピング列車は青2色のグラデーションになっています
    まず基本色としてインディーブルーを全体に吹きスカイブルーを車体肩を目掛けて吹き
    気合と根性で缶スプレーで塗装しました
      

    車体が乾燥したらマスキングをして屋根を塗装します
    別塗装したクーラーや換気扇を取付て基本的な車体製作は完了
      






    注 ここで紹介した製作法はあくまで一例です

    Copyright (c) NAGATETSU CAR CRAFT All rights reserved.