京急新1000形製作記

「電車市場」が鉄道イベントなどで販売しているペーパークラフトを
HO車両として走るようにしてみました
総数12枚!

別途購入品
  • WB−26B (天賞堂)
  • TH2000台車(カツミ)
  • パワトラ
  • 木製床板用センターピン (日光モデル)
  • PT−7117A (カツミ)
  • PT7117−A
  • ドローバー (エンドウ)
  • 密連形TNグレー (TOMIX)
  • 密連


    車体はペーパークラフトなので製作は至って簡単です
    ここでは下回りを中心に話を進めていきます

    まず床板ですが今回使用したのは220×35×3(mm)の木板です
    (先頭車は215×35×3mm)
    既製品が無いのでカットしてもらうか自分で切り出す必要があります

    板端からセンターピンまでは35mm(先頭部は28mm) パワトラ部分には440×25(mm)の穴をあけます
    (下画像 左:通常台車 右:パワトラ用切抜)
    床板パワトラ取付状況

    続いて上回りですが組み上げたら下端から5mmの位置に
    床板固定用の角材を取り付けます
    角材固定位置角材固定

    パンタグラフは取付寸法(11×12.5)に合わせて1.0mmの穴を開け
    付属のネジで留めればOKです
    パンタ取り付け状態パンタ状態

    中間の連結器はエンドウのドローバーを端から5mmの位置に穴を開け固定します
    先頭の密連は端から3mmの位置にドローバー付属のナットを固定しネジ止めします
    (先頭車のスイッチはライト用(前照灯・急行灯)です)
    ドローバー密連
    連結状態連結状態

    ライト類を配線し車体に固定します
    尾灯・急行灯は抵抗ですが前照灯はCRDを使用しています
    赤コードは下から急行灯2本・尾灯2本・前照灯2本黒コードは全て同一端子にまとまっています
    急行灯・尾灯前照灯

    点灯状態
    急行灯は消すことも可能です






    注 ここで紹介した製作法はあくまで一例です

    Copyright (c) NAGATETSU CAR CRAFT All rights reserved.