架線柱/架線敷設講座
第三部 「架線柱の違い2」
前回TOMIX架線柱で判明した高さの違いを検証してみましょう
おさらい
シンプルカテナリ コンパウンドカテナリ
(画像をクリックすると元の大きさでご覧になれます)
このように同じ高さで設置するとIMAGIC以上におかしな状態になりました
試行錯誤の結果以下の値で落ち着きました
単線架線柱−6mm 複線架線柱−3mm
シンプルカテナリ コンパウンドカテナリ
(画像をクリックすると元の大きさでご覧になれます)
なんとか問題解決です (^^
しっかし紛らわしいですなぁ・・・

検証結果
IMAGIC架線柱・・・単線0mm=複線+4mm
TOMIX 架線柱・・・単線−3mm=複線0mm

問題は解決したかに思えましたがまたまた問題発覚!

車両を変えてみると・・・
251・253 485・205
(画像をクリックすると元の大きさでご覧になれます)
がびぃ〜ん・・・・ 敵は手強いゾ (T_T
車両ごとに当然パンタの高さが違っていたのです (汗
架線を張ればもれなくめり込んだり離れたり・・・
またもや国家的陰謀を・・(以下略)です (滅
ただし・・・・
EF81 211・205
(画像をクリックすると元の大きさでご覧になれます)
上画像のように高さが同じ車両もあるようです
もちろん架線の高さは違ってきますが・・ (苦

どうやらこれは一筋縄ではいかない様相を呈してきました (−−

第四部 「車両別徹底追求」

Copyright (c) 1997 Nagayama Railway Co. Ltd. All rights reserved.