DirectX9対応アプリケーションの実行環境を測定しました。DirectX9対応アプリケーションは、DirectX9に完全に準拠したグラフィックカードが必要です。リアルタイムゲームは、特にバーテックスシェーダー、ピクセルシェーダーの性能によって、実行速度が左右されます。バーテックスシェーダー、ピクセルシェーダーは、3DCGの「計算」を行うハードウェアです。DirectX9世代のグラフィックチップは、それぞれバージョン2.0以上の搭載が強く推奨されます。

測定結果のスコアは、高速なパソコンであれば、高い数値を表示します。実行中、画面表示に異常が生じている場合はDirectXとデバイスドライバーのバージョンがかみ合っていないなど 動作が不安定になりやすい状態と考えられます。もし、異常な表示が確認された場合は、グラフィックチップメーカーのホームページより 組み込まれているDirectXのバージョンとかみ合っているデバイスドライバーを入手してください。デバイスドライバーの更新後も正常に動作しない場合は、DirectX9が正常に動作するようにハードウェア構成を見直してください。
※3Dサウンド非対応の環境ではサウンドは正常に再生できません。

測定結果は171524です。

最小Draw時間 2 ms
最大Draw時間 376 ms
※Draw時間は1フレームの表示に要した時間です。
最小 FPS 46.86 fps
最大 FPS 169.32 fps
※FPSは1秒間の表示フレーム数です。

 

スコアの指標(2005/05参考値)

90000以上

非常に高速な環境です。
60000-90000 標準以上の比較的、高速な環境です。
35000-60000 標準的な環境です。
17000-35000 グラフィックカードなどの改善で向上する可能性があります。
17000以下 かなり厳しい環境です。

 

搭載グラフィックチップについての情報

DirectX表示解像度

1024 * 768
ビット X8R8G8B8 - 24bit
Vシェーダー 3.0
Pシェーダー 3.0
ドライバー nv4_disp.dll
  NVIDIA GeForce 9500 GT
ドライバーバージョン 14.11(build 8250)